せどりと言えば家電せどり。
利益率が高く回転率も高い、せどりの花形ジャンルと言えるでしょう。

そし家電せどりの仕入れと言えば家電量販店、売上第一のヤマダ電機ですね。

定番中の定番、せどりの基本と言ってもいいでしょう。

このヤマダ電機、せどりの仕入れ先としては有名になりすぎてしまいました。
現在では多くのノウハウが出回り、ライバルも多数存在します。

しかし、ライバルが増えすぎた反動か、最近では逆にライバルが減少傾向にあります。
つまり、稼げる割にはライバルはそこまで多くない、という仕入れ先に変わってきています。

また、ヤマダ電機せどりはノウハウが多い分、初心者せどらーの練習場所としても最適です。

もちろん初心者せどらーだけではなく、中級者や上級者もしっかりと稼ぐことができますよ。

今回はそんなヤマダ電機でのせどり方法を解説します。

ヤマダ電機せどりとは

ヤマダ電機は全国の700店舗以上を展開する巨大家電チェーンです。

どの都道府県にも必ずあるため、知名度は抜群。
知らないという人はまずいないでしょう。

どの店舗も基本的にはフロアが広く、商品数も豊富。

他の家電量販店ではせどり行為を規制する動きも多い中、せどらーに対してもそこまで厳しくないため、初心者せどらーも安心してリサーチができます。
(ただし一部店舗で規制有り)

もちろん利益も出しやすいので、せどりの仕入れ先としてなくてはならない店舗です。

初心者だけではなく、経験豊富で資金力のあるパワーせどらーにとっても、主力仕入れ先の一つです。

確かにライバルは多いですが、それでもこのヤマダ電機を仕入れ先から完全に外すせどらーはいないでしょう。

初心者から上級者まで誰でも仕入れができる、安定の仕入れ先となっています。

そんなヤマダ電機。
3つの店舗形態があることはご存知でしょうか。

LABI

都市部に展開する大型店舗。
独自のセールをやっていて、全国のせどらーと商品が競合しにくい。

テックランド

都市部から地方まで全国に展開するヤマダ電機の主力店舗。
LABIやアウトレットに比べると可もなく不可もなく。

アウトレット

廃番品や展示品を多く販売している。
家電せどりは廃番品で利益を取れることも多いため、近くにあれば仕入れ先として非常にお勧め。

もし住んでいる地域の近くにLABIやアウトレットがあれば優先的に足を運んでみてください。
もちろんテックランドでも十分稼ぐことは可能ですよ。

ヤマダ電機せどりのメリット

ヤマダ電機でせどりの仕入れをするメリットです。

どこにでもある
商品数が豊富
ポイント還元が大きい
価格交渉がしやすい

どこにでもある

ヤマダ電機は全国に店舗を展開しています。
そのため、よほどの僻地に住んでいない限り、誰でもせどりができます。

商品数が豊富

ヤマダ電機は家電品の取り扱いが豊富なことはもちろん、そのほかにもゲームやおもちゃ、日用品、食料品も扱っています。

家電せどりのついでにゲームなどのせどりも一緒に行うことができます。

ポイント還元が大きい

ヤマダ電機で大きなメリットとなるのがこのポイント還元です。
ヤマダ電機は他の家電量販店同様ポイント還元を行っていますが、その還元率が異常に高いのです。

販売している商品のほとんどが10%還元、つまり実質10%オフになります。
しかもパソコンやエアコンなどの高額商品も対象です。

他の家電量販店は一部の商品のみ10%とか、基本5%で、しかも高額商品は1%に下がるという対応が多い中、ほぼ条件なしで10%還元は大きいです。

10%は現金会員やヤマダのLABIクレジットカード利用時の還元率ですが、ほかのクレジットカードでも8%とかなりの高還元です。

この還元率を考慮することで、ほかの店舗では仕入れが難しいような商品でも仕入れ対象に入ってきます。

価格交渉がしやすい

ヤマダ電機ではほかの店舗以上に価格交渉がしやすいです。
特に他店のチラシや販売価格を提示するとその値段以下か、同額+ポイントなどで値下げをしてくれます。

その他でもポイントを多くつけてくれるよう交渉したりもできますので、大量に買い付ける場合は相談してみるといいでしょう。

ヤマダ電機せどりのデメリット

ヤマダ電機のデメリットです。

有名すぎてライバルが多い
リサーチがやりにくい

まず、何といってもせどりの仕入れ先として定番中の定番、そして有名なのでライバルは多いです。
ノウハウも沢山出回っています。

そのため、セール品がAmazonで被ることも珍しくありません。

仕入れに行ったらめぼしい商品は他のせどらーに狩り尽くされた後だった、なんて状況もよくあります。

ヤマダ電機でせどりをするならこの点に注意しなければいけません。

もう一つのデメリットは、ヤマダ電機はフロアが広く、店員も多いので若干雰囲気的にリサーチがしづらいです。

ヤマダでも一部の店舗ではせどりを規制しているため、(禁止ではない)そういった店舗ではなおさらリサーチの際、店員の目が気になります。

特に初心者せどらーにとってはこの雰囲気に耐えてリサーチできるかどうかがせどらーになるための一つの壁となるでしょう。

とはいえ、それらしい行動をしても店員から注意されたことはほとんどありません。

あくまで雰囲気的にリサーチしにくいというだけなので、必要以上に気にすることはないでしょう。

ヤマダ電機せどりをするならLABIカード必須

ヤマダ電機ではほとんどの商品が10%ポイント還元ですが、これは「現金払い(ポイントカード会員)」か「LABIカード(クレジットカード)」に限られます。

他のカードで決済すると8%に下がります。(それでも高いですけどね)
2%の差は、高額な仕入れになりがちな家電仕入れではかなりの差が出てきます。

できればヤマダ電機では現金かLABIカードで支払いをしましょう。

とはいえ、高額な家電仕入れで毎回現金というのも不安ですよね。

場合によっては財布に100万円くらい入れて仕入れに向かわないといけません。
もし意外なお宝商品を見つけた場合に、現金が足りなかったらATMなどで下ろしてこないといけません。

仕入れで現金払いというのはあまり現実的でないので、ヤマダ電機で仕入れることが多い人はLABIカードを作っておくべきです。

年会費はほぼ無料です。
(年500円かかりますが、初年度は無料で、前年度に利用実績があれば翌年度も無料)

ヤマダ電機で仕入れる

ではヤマダ電機で実際に仕入れていきましょう。

POPに惑わされるな!

まず、ヤマダ電機ではPOPはあまり重要な意味を持ちません。
もちろん安い時もあるのですが、ヤマダ電機のお買い得商品は実はPOPではなく通常棚に入っている商品であることが多いのです。

棚や隅っこのワゴンセールのほうが圧倒的に利益の取れる商品が見つかります。
無視していい、という程ではないのですが、POP商品に時間を取られないようにしましょう。

ただし、「展示品限り」「在庫限り」のPOP商品は必ずリサーチしてください。
廃番品であることが多いからです。

家電せどりで「廃番品」は鉄板ワードです。
現行品よりも安く買えて、現行品と変わらない価格で販売することができるケースが多いです。

メインはワゴンや通常棚にある「価格二重張りシール」です。
棚の上や下など普通の人の目が届きにくい所の棚などを探してみましょう。

日替わりセールは要チェック

ヤマダ電機は日替わりでセールをやっていることが多いですね。
特に土日はチラシにも力を入れ、お買い得品を放出していることが多いです。

日替わりセール品は在庫処分の廃番品であることも多いので、優先的にチェックしてください。

TwitterやFacebookのゲリラセールも熱い

ヤマダ電機は本当にお買い得な商品や目玉商品を、TwitterやFacebookのアカウントに流すことが多いです。

ヤマダ電機せどりをするならこれらSNSでヤマダ電機をフォローしておいてください。

○家電商品以外も実はねらい目
先述したようにヤマダ電機では家電品以外の取り扱いも豊富です。
特に店舗によってはおもちゃに力を入れている店舗も多いため、そういったところでお宝商品を仕入れられることが多いです。

僕の近所のテックランドではプラモデルを山のように売っていて、ガンプラせどりだけでも月数万円以上の利益を上げています。

他にもクリスマス前に品薄になる仮面ライダーや戦隊もの、プリキュア系おもちゃも見に行くとなぜか売れ残っていることが多いです。

ライバルが増えすぎた、というイメージが定着して逆にチェックが甘くなっているのかもしれません。
店舗によると思うのですが僕の近所のヤマダ電機は穴場になっています。

ライバルが多いだろうと諦めずに、まずは近所のヤマダ電機をチェックしてみてください。

価格交渉

もし大量に購入する場合や、他店より高い場合は遠慮なく店員さんに交渉しましょう。
ただ、ヤマダ電機は正社員でないスタッフも多いため、必ず権限を持った責任者と交渉してください。

多店よりも高い場合は値下げしてもらいましょう。
その際は必ず証拠のチラシや現物の写真があると交渉しやすいです。

他店比較ではない場合は単純に「ポイント多くつけてくれない?」といった軽めの交渉でも意外と成功することが多いです。

ダメもとで聞くだけ聞いてみましょう。

ひょっとしたら利益を伸ばせるかもしれません。
端数切ってもらうだけでも利益です。

ちりも積もれば山となる、の精神で是非交渉しましょう。

実際に仕入れた商品

最後に僕が実際に仕入れた商品を公開します。

正直おもちゃやゲームでも沢山利益の出る商品は取れるのですが、ヤマダと言えば家電、という方もいると思いますので、今回は家電品に絞って紹介します。

パナソニック ヘアドライヤー ナノケア 白 EH-NA98-W

女性に人気の高級ドライヤー、ナノケアシリーズですね。
新しいモデルが出たので、ヤマダで型落ちのセール品ということで税抜き8980円。
ポイントが10%、898円付きますので、実質の仕入れは9000円くらいでした。
(ヤマダのポイントは税別価格に対して還元)

在庫が5個あったのですべて購入。
Amazonで1個15000円で売れたので差益6000円×5個で粗利(手数料などを入れていない利益)が30000円。
手数料や送料を計算に入れても24000円ほどの利益です。

仕入れ時間は入店から10分ほどでこれだけの利益を上げることができました。

象印 NW-AA10-TZ 圧力IH炊飯ジャー(5.5合炊き)

意外と知られていませんが、実は家電の中でも最近特に炊飯器が人気です。
それも5万円~10万円の高級モデルが年配の方を中心に売れています。

この炊飯器、Amazonで73000円です。
しかも回転率も異常に高い人気商品です。

象印やタイガーといった古参メーカーは、信頼性も高く売れ筋メーカーです。

僕がヤマダウェブコムで見た時は1万円近く安く売られていました。
しかしこのときは残念ながら売り切れ。

ところが後日、実店舗に行くとなぜか普通に売っていました。
在庫は3個。

ウェブコムより若干高かったので、店長さんに交渉してウェブコムの価格に直してもらい、5%程度のポイントまで付けてもらいました。
(ウェブコムではなぜか1%だったので)

計算がややこしくなりますが、結論から行くと実質的な仕入れ価格は約62700円。
Amazonで73000円で販売し、粗利は1個当たり10000円×3個で30900円です。

手数料と送料を差し引いても25000円ほどの利益。

偶然見つけただけなので仕入れ時間もかかっていません。
かなりラッキーでした。

日ごろから情報収集しているとこういうラッキーも起こります。

前々から調べていなければスルーしていたかもしれません。

このほかにもヤマダで利益を出せた商品は山のようにあります。
ヤマダはまだまだ稼げる印象です。

まとめ

ヤマダ電機は非常にせどりがしやすい店舗です。

変な癖もなく、せどりのノウハウすべてがストレートに通用する店舗なので、初心者のせどりデビューにもおすすめ。

上級者はそのノウハウと資金力を活かしてがっつり仕入れて稼ぐこともできます。
せどりといえばヤマダ電機。
絶対に欠かせない仕入れ先の一つです。

全国どこにでもある店舗ですし、是非一度足を運んでみてください。

おすすめの記事