リサイクルショップで見かける「ジャンク品」。

せどりには関係が無いと思って素通りしていませんか?
大半の人は通り過ぎてしまいますよね。

壊れている物なんて売れるわけがありません。

ですが、ほとんどの人がそう思い込み、見向きもしない場所が実は宝の山なんです。
他の人が見向きもしないからこそ、ライバルが少なく独占的に仕入れができるのです。

今回はそんなジャンク品せどりを解説します。

せどりができないものなんてありません。
もちろんジャンク品だって例外ではありません。

いままで興味すら持っていなかった方はこれを機に「視点を変えてみる」ことの重要性を認識してください。

ジャンク品せどりとは

ジャンク品とは、一般的には「壊れている物」をイメージすると思います。

リサイクルショップの「ジャンク品コーナー」と言えば、使い物にならなさそうなものがたくさん無造作に積み上げられてますね。

ところが、ジャンク品というのは「壊れている物」を指すわけではありません。
もちろん壊れている物もジャンク品には違いないのですが、それだけではないのです。

動作しないもの
検品していないもの
状態が著しく悪い物

などを指します。

これらの症状の商品を総称して「ジャンク品」と定義しています。
つまり「動かない」「壊れている」とは限らないのです。

店員がチェックしていないだけで、
電池を入れ替えたら直った
簡単な清掃、メンテナンスで普通に使えた
というものも中にはあります。

ジャンク品せどりはこうした一見壊れているように見えるものを、格安で仕入れて簡単な修理やメンテナンスで使えるようにしてから販売するせどりです。

ジャンク品は本当に売れるのか?

ジャンク品せどりと聞いて真っ先に気になるのが「本当に売れるのか?」という疑問。
修理して直ったものは確かに売れるかもしれませんが、すべてのジャンク品が直るわけではありません。

中には本格的に修理しても動作しないものだってあります。

ですが、こういった商品でも需要があるのです。
例えばパーツ取り。

古い電化製品などはメーカーのほうで保証期間が切れ、修理用のパーツを持っていないことがあります。

しかしそれでも愛用していて、修理したい人はいますのでそういった人たちがジャンク品から修理用パーツを取り出して使用します。

つまりジャンク品は
直ったら売れる
直らなくてもパーツ取りで売れる
と無駄のないせどりなのです。

もし直らなくても、仕入れ値は格安なので損もしにくいです。

ジャンク品せどりのメリット

ジャンク品せどりのメリットです。

仕入れ値が安い
競合相手がほとんどいない

元々お店側で「動作しない」と判断されています。
お店からしたら売り物にならないわけです。

置いといてもお店のスペースを圧迫するだけです。
100円でも売れればラッキー、くらいの気持ちで値付けしています。

つまり通常では考えられないような安い値段で売られているのです。

もしこれが直せるとしたら、非常に安く買って普通の価格で売れるわけですから、利益が出ないわけがないですね。

また、ほとんどの人が素通りするジャンルです。
ライバルなんてほとんどいません。

誰だって普通に動く商品を安く仕入れて売る方がいいに決まってますからね。
動かない、もしくは手間をかけて直す必要のある商品なんてわざわざ仕入れません。

つまり、もしジャンク品を修理するスキルがあれば、ジャンク品コーナーはあなた専用の仕入れ場所、宝の山になるわけです。

この2つが主なメリットです。

ジャンク品せどりのデメリット

一方デメリットもあります。

多少なりとも修理の知識が必要
確認の手間がかかる

まず第一に修理の知識が必要な事です。

店員がちょっと調べてみて「動かない」と判断したということは「動かない原因」があるわけです。
その原因を調べて適正な修理を施す必要があります。

知識があったとしても修理やメンテナンスをする手間がかかります。
これが結構厄介で、物によっては数時間かかることがあります。

しかも手間をかけた分だけのリターンがあるとも限りません。
修理を試みたはいいものの、結局直らなかった、という可能性もあります。

そうなるとかけた時間が無駄になってしまいますね。
ジャンク品として売ることになるので利益もほとんど期待できないでしょう。

金銭的なリスクは少ないものの、時間的なリスクがあるのがジャンク品せどりです。

ジャンク品の仕入れ先

ジャンク品の仕入れ先は主にリサイクルショップです。

リサイクルショップで実物を確認しながら仕入れていく方法が、一番「当たり」を引きやすくなります。

「修理して売る」
と考えているならリサイクルショップのジャンク品コーナーから仕入れましょう。

一方、「高い修理技術を持っている」「ジャンク品を仕入れてジャンク品として売る」と考えているなら、メルカリも有用です。

特に「壊れている」ということで格安で出品している人が多いです。
中にはほぼ送料のみで、ゴミ捨て場代わりに使う人もいます。

こうした商品を治したり、ジャンク品の需要の高いヤフオクで売ると利益を出すことが可能です。

ヤフオクで仕入れてもいいですが、ヤフオクの場合、直りそうなものや貴重なジャンク品は落札価格が吊り上がる傾向にありますし、そうでないものは本当に「壊れて」います。
仕入れには向きません。

ジャンク品の販売先

ジャンク品の販売先ですが、修理を試みて直ったものはAmazonやメルカリで販売します。

直らなかったものはジャンク品としてヤフオクで販売。

ただしちょっとでも難があるものをAmazonやメルカリで出品するのは避けましょう。

特にメルカリはそのアプリの特性上、写真と価格のみが一番最初に表示されるため、いくら「ジャンク品」と商品説明やタイトルに書いてあっても、よく読まずに購入してしまうユーザーが一定数います。

ジャンク品を理解できない年齢のユーザーも多いため、メルカリでの販売は避けたほうが良いでしょう。
(メルカリは利用年齢制限が無いため、未成年も多数利用しています)

ジャンク品せどりメンテナンス編!

では実際にジャンク品を仕入れてメンテナンスしていきましょう。

商品の種類別にいくつか例を出しています。
得意な分野があればその分野で、そうでなければここに書いてある商品を仕入れてメンテナンスしてみましょう。

【おもちゃ】

おもちゃのジャンク品は
パーツが欠品している
動かない
というジャンク品が多いです。

欠品している物に関してはそのままでもパーツ取りとして需要があります。
レゴなどは多少パーツが少なくても気にしない人も多いでしょう。

もしくは欠品を買っておいて、メルカリやヤフオク、ほかのリサイクルショップなどで足りないパーツを買ってきて完品にする、という方法もあります。

電気で動くおもちゃのジャンク品が動かない場合は、色々な理由が考えられます。
電子回路が壊れている
断線している
電池が切れている
汚れて電気が通らない
乾電池部分がさびている

回路や断線になるとはんだごてなどの専門工具、専門知識が必要になりますのでここでは説明を省きます。

電池が切れている物は当然入れなおせば使えます。

内部が埃やごみなどで汚れている場合はねじなどを外して分解。
汚れている部分に清掃を行うことで使えるようになる可能性があります。

乾電池部分のサビですが、「赤サビ」「青サビ」で対応が異なります。

完全に赤くさびている場合は修理が難しいので諦めます。
ちょっとした赤さびなら、サビ防止スプレーを塗布して拭くだけで取れる場合があります。

サビ止めで有名なのはKURE5-56ですね。

修理に使う程度の小さいサイズなら400円くらいで売っているので、1本常備しておきましょう。
様々な用途で使います。

青さびですが、「緑青(ろくしょう)」と言います。
液漏れしたおもちゃで多い症状ですね。

これは「酢」と「塩」を50:50の割合で混ぜたものを塗るとサビと反応して良く取れます。
ただし、「酢」の臭いが残るので、ふき取りや乾燥は念入りに行いましょう。

【フィギュア】

電気式のおもちゃではなく、フィギュアなどの場合。
古いフィギュアはべたべたしたり汚れている物が多いですね。

適当な洗剤や薬品を使うと素材の樹脂が劣化、変色したりする可能性があります。

このべたべたと汚れは100均などで売っている「セスキ炭酸ソーダ」というもので落ちます。
名前はちょっと怖いですが、重曹のようなもので、100均でも売っているくらいなので、危険な薬品ではありません。
手作りの洗剤などを作る時に利用されます。

このセスキ炭酸ソーダを水で薄めて、その水溶液で拭いたり、その水溶液の中にフィギュアを数時間漬け置きすることで、フィギュア特有のあの「べたべた」が取れるようになります。

【ゲーム機】

ゲーム機の場合は素人が修理するのは困難です。
しかしゲーム機の場合はジャンク品でも「パーツ取り」という価値がありますので、動かないものでも売ることができます。

古い携帯ゲームの場合、特に「液晶」が貴重になります。
動かなくても液晶部に傷が少なければ売れるでしょう。

PSPの場合、電源が入らないようなものでもヤフオクでは数千円で取引されています。

【電化製品】

家電、電化製品の場合、こちらも本格的な修理は素人には無理です。

パーツ取りとしての需要も厳しいので、初心者は避けましょう。
唯一可能性があるとしたら「特殊な電池」で動く製品です。

例えば電子辞書などには円筒形リチウム電池や、ボタン電池が使われます。
お店ではこれらを買い取る際、乾電池ならともかく、わざわざ用意しにくい特殊な電池を入れて動作確認をしない場合があります。

つまり「電源が入らない=ジャンク」として判断します。
冒頭で話した「未検品」という商品ですね。

電池の入れ替えだけで直る可能性があります。
もし直ればラッキーです。

電子辞書は特に需要も単価も高い商品なので、電池の入れ替え程度で直れば高い利益率が見込めるでしょう。

電池のチェックに関しては自分で持っていって店員さんに、「自前の電池で試してみていいですか?」と聞けばダメとは言われません。
(僕は言われたことが無いです)

その特殊な電池も実はリサイクルショップで安く売っていることがあります。
用意してジャンク品コーナーを回ってみてもいいとでしょう。

【アクセサリー】

ジャンク品コーナーに置かれることはあまりありませんが、傷だらけになったり、長期間放置されて真っ黒に酸化したアクセサリーも買い手が付かずにセールで一気に安くなったりします。

アクセサリーの酸化の黒ずみはシルバークロス(銀専門の磨き布)で拭けば取れますし、傷に関してはアクセサリーショップに持ち込めば無料で研磨してくれます。

深い傷は難しいですが細かい傷と酸化くらいなら、美品レベルまで復活させることができます。

リサイクルショップのアクセサリーコーナーも意外と穴場ですので、覗いてみましょう。

まとめ

ジャンク品コーナーは宝の山です。
それは「誰も見向きもしない」からです。

せどりが一般的になってきた今、人と同じ目線で利益を出すことは難しくなりました。

「誰も見向きもしない」
「せどりで売れないものはない」

この2つの法則が揃ったジャンク品せどりは、独占的に稼げるおいしいジャンルと言えるでしょう。

もちろん手間がかかったり、無駄骨を折ったりするリスクはありますが、何回か仕入れていくうちに目が養われ、その確率を減らすことができます。

仕入れる商品が見つからない、と思ったら是非ジャンク品コーナーに目を向けてください。
誰にも見つけられていないお宝が満載です。

おすすめの記事