そろそろブラックカード持ってても恥ずかしくない年齢だなと思って作ってみました。

たーぼう、なんて名前ですがもうすぐアラフォーが見えてきたオッサンです(笑)

やっぱり男ならちやほやされたいですよね?

カードの最高峰にして最高のステータス!!

でも、ブラックカードと聞いたことがあっても馴染みがない方が多いのではないでしょうか。

今回はその真相をかける範囲で書いていきます。

ブラックカードて何?

有名なブラックカードは5種類あるのですが、取得難易度が高く、持っていて価値があるものは下記がツートップになっています。

・アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカード

・ダイナースクラブプレミアムカード

ぼくが今回作ったのがダイナースプレミアムです。

どういう経緯で作ることになったか

せどらー仲間が持っていたためダイナースの営業さんを紹介してもらって作ることになりました。

ぼくのせどらー仲間は年収数千万代が多く何人もダイナースプレミアムも持っている人がいるためです。

紹介後、営業さんから電話がありました。そこで初めて知ったのは、ダイナースプレミアムは直接会わないと作れないということでした。

平日本業が終わったあとにカフェで待ち合わせをした。

そこで、カードの詳しい説明をしてもらって、その場で申込書に必要事項を記入しました。

審査受かるかな、どうかな、とドキドキしてまっていましたが、2週間ほど経過して忘れていた頃に審査結果の連絡がきました。

審査は厳しいの?

昔に比べて緩くなったようです。

紹介制というのに重きを置いているようです。もちろん信用情報に傷がついていないことが絶対条件になります。

転職したばかりの方や独立したての方は厳しくなると思います。

特典は?

なんとポイント還元率が2%です!

ここまで高いカードはないですね。

全国のレストランが一人分無料

無条件で一休.comでダイアモンド会員になれる

空港のVIPラウンジが無料で使用可能です。

楽天、ヤフーショッピングでさらに0.5%追加されます。

個人用とビジネスアカウントという2つのカードが作れます。これによって明細を分けることができるのでどれが経費扱いか一目瞭然で確定申告のとき非常に楽になります。

なんで作ろうと思ったの?

仕入れでカードの限度額が超えてしまうから、限度額が多いカードにしたかったという理由です。

あとは持っている他の友達からいろいろな特典の情報を聞いていたのが大きいですね。

そこで一番大きいのがステータスでしょうか。銀座で買い物をしたときにサービスが違ったり、ホテルで無料でワンランク上の部屋にアップグレードされたりするという話を聞いていたからです。

ぼくはまだカード作りたてでその恩恵を受けていないので、後日そのあたりが本当の話なのか記事を更新したいと思っています。

おすすめの記事