せどりに限らず、副業は効率化がテーマです。
そのために外注化だったり、いかに時間をうまく使うか、それが重要なんですね。

今回は、電脳せどりでのリサーチのために役立つツールや環境について紹介していきます!

インターネット環境

モバイルWiFiではなく、光ファイバの環境を整えましょう。

コピペツール

パソコンのクリップボードの機能を拡張するソフトです。

リサーチの際にコピペを多用するかと思いますが、そのときにASINや商品名のコピーなどクリップボードに複数のコピーデータを蓄積できるのでコピペの効率があがります。

あらかじめ決まった単語の登録も可能ですので、Amazonの検索コマンドを登録しておくとよいでしょう。

本業がITということもあり、いろいろなソフトを試してきましたが一番使いやすいのがCLCLというフリーソフトが一番です。

なぜかというと、CLCLはバイナリファイルもコピペできるからです。
バイナリファイルとは、テキスト以外、つまり画像なんかもコピペできるようになるのです。

ゲーミングマウス

右クリック、左クリックの他にボタンが6個ついています。
そのボタンにコピー(CTRL+C)、ペースト(CTRL+V)を割り当てることができます。

ロジクール G300s

キーボード

キーボードも使いやすいものに限ります。
僕はHHKBというキーボードを使用しています。

 

通常caps lock にあたるキーにCTRLキーが割り当てられているので、左手をわざわざホームポジションから離すことなく、コピぺのキーが押せるので非常に重宝しています。プログラマなど普段たくさんタイプする用途の方に非常に人気があります。

コンパクトでとても気に入っているのですが、せどりでよく使うテンキーがないのでテンキー専用のキーボードも購入しています。

キーの変換ツール(caps lockキーをctrlにする方法)

そこまで高級なキーボードは買えない、または今使っているキーボードが気に入っている方は、caps lockキーをCTRLキーに割り当ててみてください。

通常キー入力の変更はレジストリを直接いじる必要があり、初心者の方には敷居が高いのですが、このフリーソフトを使うと簡単にキー配列を変更することができます。

caps lockキーに、CTRLキーを割り当てるとコピペが本当にしやすくなるのでぜひとも試してみてください。
Change Key

デュアルディスプレイ

PCのマルチモニタ化ですね。どういうことかというと、モニタを2つ横に並べてブラウザの切り替えだったりという手間を削減できるというメリットがあります。

おすすめの記事