シルバーアクセサリーはせどりにぴったりのアイテムです。
利益率が高くて保管スペースの場所を取りません。

 

好きな人なら所有欲を満たしながら稼げてしまうという
魅力的なアイテムであるシルバーアクセサリー。

・どんなブランドを仕入れたいいのか
・何に気を付けて仕入れればいいのか
・どこで仕入れればいいのか

 

本記事ではシルバーアクセサリーでセどりを行う際、仕入れで気を付るべきポイントをまとめました。

この記事を読めば今日からアクセサリーセどりが始められますよ。
是非参考にしてみてください。

狙い目、おすすめのアイテムやブランド

シルバーアクセサリーというのはちょっと癖のあるアイテムで好きな人は好き、
嫌いな人は嫌いというアイテムです。

そのため買う人は非常に限られています。

販売数も服のように多くなく、需要も少ないので一見せどりに向いていないような気もしますね。

 

ですが、
「販売数が少ない」
「一部のマニアに需要がある」

ということは、
アイテム選びさえ間違えなければ高値でも欲しがる人はいるということです。

また、シルバーアクセサリーは定価が非常に高い割に、
買い取り価格や販売価格は低く、定価の半額以下で
売られていることも珍しくありません。

 

しかし先ほど書いたように欲しい人は欲しいわけですから、
定価の70~80%でも買う人がいるのです。

 

その差益を僕らせどらーは狙います。
ではそんなシルバーアクセサリーを一つずつ見ていきましょう。

 

シルバーアクセサリーですが、私がおすすめするアイテムは以下の通りです。

・ネックレス
・シルバーブランド系
・ファッション系シルバーアクセ
・コラボ商品
・廃版商品、限定商品

 

・ネックレス
初心者の方にはネックレスをおすすめしています。

指輪はサイズを測る必要がありますし、サイズが合わない人は
買ってくれないので回転率も若干悪いです。

バングルやブレスレットも価格が高く、需要がかなり少ないので
ちゃんと目利きできる上級者向けです。

慣れてきてからのほうがいいでしょう。

 

対してネックレスはサイズが合わない人はいませんので、
デザインさえ良ければ安定して売れていきます。

 

仕入れ値も指輪より安く売られていることが多いです。

シンパシーオブソウルのネックレスです。

仕入れ値は箱付きで2480円でした。

販売価格は9800円だったので利益率は単純計算で約75%。
こんなお宝が見つかります。

まずはネックレスから挑戦してみましょう。

 

注意点はチェーン付きを選ぶこと。
トップだけだとなかなか買い手が付きません。

 

・シルバーブランド系
狙うのはシルバーブランド系アクセです。

ただしクロムハーツのような超有名なブランドではなく、
シルバーアクセサリー系の雑誌に載っているような
中堅どころのアクセブランドです。

 

クロムハーツ系は販売価格が高い上に偽物も出回っているので
初心者にはおすすめしません。

〇ジャスティンデイビス
〇シンパシーオブソウル
〇ブラッディマリー
〇FAL

といったシルバーアクセサリーブランドは人気です。

 

こういったブランドはクロムハーツやロンワンズ、ガボールのような
超有名ブランドのような絶大な人気がない代わりに一部の好きな人からの需要があります。

 

また、一般的な人気がないので仕入先でかなり安く販売していることが多いです。

こちらFALのブレスレット。
仕入先で2980円。

11000円で売れたので手数料を考慮しなければ利益率は73%。

 

こういったお宝が見つかりやすいので、一度アクセサリーブランドの
雑誌に目を通してブランド名だけでも頭に入れておきましょう。

 

・ファッションブランド系シルバーアクセ
シルバーアクセサリーブランドはややマニアックな需要でした。

今度はファッションに気を使っている人なら逆に誰でも知っている
メジャーなブランドのシルバーアクセサリーを見てみましょう。

 

ただ、ファッションブランド系のアクセサリーは高く売れる、
売れないがはっきり分かれるのでやや難易度は高めです。

定価が30000円超えていても相場は4000円程度で
利益がまったく見込めないものも多いです。

人気のあるブランドのアイテムをピンポイントで狙う必要があります。

 

私のおすすめは

「ポールスミスのマルチストライプ系シルバーネックレス」

です。

 

ポールスミスは色々なアイテムを販売していますが、プレート型で、
ポールスミスの代表デザインでもある「マルチストライプ」を
あしらったネックレスは人気が高いです。

 

箱付きなら平均で10000円前後で売ることができます。

運が良ければ店頭やネットで5000円以下で手に入ることもあり、
割と差益を狙いやすいアイテムです。

何よりポールスミスという有名なブランドで多くの人の需要がありますから、
回転率が異常に高いです。

欲張らなければ仕入れてすぐに売れていくでしょう。

こちらはまさしく説明したマルチストライプのネックレスです。

仕入れ値は3500円で販売価格は8800円でした。
手数料を差し引いても5000円近い利益が出ています。

 

気を付けたいのは「シルバー925製」を選ぶこと。

というのも、ファッションブランド系は真鍮などほかの材質を使った
アクセサリーにもかかわらずブランド名が載っているというだけで
シルバー並みの価格で売っている場合があります。

 

こういった商品は品質が良くないので中古相場は非常に下がります。
よほど人気のあるブランドのアイテムでもない限りは絶対に利益は出ません。

 

シルバー925製のアイテムならそのブランドが好きな人も
シルバー製品が好きな人の需要も取り込めるので売れやすくなります。

 

・コラボ商品
アクセサリーの中にはほかのブランドとコラボしたものや、
アニメなどとコラボしたアイテムが多数あります。

 

アクセサリーに限らず、コラボ系はせどりの鉄板ジャンルです。

 

こういったコラボ系の利点は

「アクセサリー好き」
「コラボしている片方のブランドが好き」
「コラボしているもう片方のブランドが好き」
「(アニメの)原作好き」
といった様々な需要が取り込めるところです。

 

限定販売されていることが多く、希少価値も高いので相場も高くなる傾向にあります。

有名アクセサリーブランドの「THE KISS」と
有名アニメ「エヴァンゲリオン」のコラボネックレスです。

仕入れ値は1200円。

販売価格は8000円ほどでした。
利益率85%。

他にもファッション系ブランドとシルバーアクセサリーブランドのコラボや、
アニメなどの劇中で登場キャラクターがつけていたアクセサリーを模したものは高値になりやすいです。

 

注意点は希少価値が高いのは誰から見ても明らかなので、
仕入れ先でも高値になっていたりするので、
ちゃんとリサーチしないと利益が出ない場合があります。

 

・廃版商品、限定商品
アクセサリーの中には廃版になってしまったり、〇〇年Xmas限定商品といった期間限定商品が存在します。

 

これらのアイテムはもちろん二度と買えない、現存数が限られている物なので比較的高価になりやすいです。

 

こちらもう廃版になってしまったX JAPANのyoshikiさんが
プロデュースしたブランドのアイテムです。

 

お店ではシルバーブランドでもなく、ファッションブランドでもない単なる
「ファンアイテム」として2000円で売られていました。

 

しかしX JAPANはご存知熱狂的なファンのいるアーティストです。
そのメンバーがプロデュースした廃版商品が売れないはずがありません。

 

10000円以上の価格で即売れました。
このように、人気のある廃版商品は需要が見込めます。

 

クリスマスやバレンタインといったカップルのイベントに
合わせて限定商品している商品なども探している人がいます。

 

「○○限定」と書かれていたらとりあえず相場を確認しましょう。

 

注意点はクリスマスやバレンタイン限定の場合元々「ペア」で販売されていた可能性があります。

そのペアアクセサリーの「片方だけ」売っていたりするんです。
当然そんな縁起の悪い物、誰も買いません。

こういったペア商品には注意しましょう。

 

仕入れの際、特に気を付けるポイント

そんなアクセサリーですが、仕入れる際に注意するポイントをまとめました。

・新品は仕入れない
・925製を確認する
・付属品や傷の有無
・クロムハーツなどの超有名ブランドは仕入れない

これらも一つずつ確認していきます。

・新品は仕入れない
まず、新品で買って値上がりを待つ方法はおすすめできません。
というのもシルバーアクセサリーは定価越えをするいわゆる「プレミア価格」になる商品はあまりありません。

もちろんブームが来たものとか超大型コラボなら話しは別ですがそれを狙って仕入れるというのは知識のある人でも非常に難しいものです。

あくまで
「店頭で安く投げ売りされている中古をファン、マニアに販売する」
というスタンスでせどりします。

・925製を確認する
シルバーアクセサリーは「シルバー925」という材質で作られていることが大前提です。
真鍮製などは価値があまりないので、高値で売ることはできません。

シルバー製品はアイテムのどこかに「silver925」と刻印してありますのでまずはこれを目安にしましょう。
(一部刻印がないものもあります)

慣れてくると手触りや光沢感で一瞬で判断できるようになります。
また、シルバー系ブランドならまず間違いなく925製です。

・付属品や傷の有無
状態の確認も必要です。

傷に関してはシルバーの宿命で、中古の場合はどうしても付いています。
銀という材質は簡単にへこんだり傷がついたりするものなのでこればかりは諦めて割り切るしかありません。
磨いて取ることもできますし、ひどくなければ気にしないという方もいるので、そこまで神経質になる必要はありません。

逆に傷の少ないものがあればラッキーくらいで考えておいてください。

また、シルバーアクセサリーは高価なブランドになると「偽物」が出回っています。
初心者にはその偽物の見分けがつかないと思いますので、純正の箱があるか、とか、販売証明書(ギャランティカード)があるかといった部分は重要視してください。

特にクロムハーツなのど高級ブランドは偽物が多いので、初心者のうちは仕入れない方が無難です。

おすすめの仕入れ先

アクセサリーを仕入れるなら店舗型リサイクルショップやネットのリサイクルショップといった中古を扱っているお店がおすすめです。

シルバーは状態をそれほど気にしなくていいので、ネットでも問題ありません。

ネットなら種類も豊富で格安で販売していることも多いので雑誌で見たブランドを片っ端から検索していくという方法で仕入れることが可能です。
もちろん店舗のほうが利益率の高い商品が見つかりやすい傾向にあるので足を使って見つけに行くというのもありです。

 

まとめ

いかがでしたか。

・中堅どころのシルバーブランドを狙え!
・コラボは鉄板商品!
・中古店舗で格安中古をひたすら探す

これがシルバーアクセサリーのせどりで稼ぐ鉄則です。

シルバーアクセサリーは保管に場所も取りませんし、
長期間保存しておいても価値がなかなか下がりません。

ゴールドやプラチナ程ではないとしても貴金属なので価値が下がることもあまりありません。

回転率は若干悪い物の、それでも失敗の少ないジャンルです。

まずはアクセサリー雑誌に目を通し、ブランド名を頭に叩き込んだらぜひ
中古ショップへお宝を見つけにいって見て下さいね。

おすすめの記事