コレクションでもあり、消耗品でもあり、ファッションアイテムでもあるのがスニーカーやブーツ。
せどりのなかでもメジャーなアイテムです。

アイテム数も膨大にあり、仕入れるのに苦労しません。
また、消耗品なので需要も絶対になくなりません。

一度知識を仕入れてしまえば今後長期に渡って稼ぐことができるジャンルです。
そんなスニーカーの疑問と言えば以下のようなものが多いですね。
・スニーカーを仕入れる際のおすすめは?
・ブーツのお勧めは?
・どんなことに気を付けて仕入れたらいい?

本記事ではそんなはじめてのスニーカー・ブーツせどりで悩む方のためにスニーカーやブーツのおすすめ仕入アイテムや注意点、仕入れ先などをまとめました。

この記事を参考に、安定的に稼げるスニーカーせどりをはじめて見ましょう。

狙い目、おすすめのアイテムやブランド

スニーカー、ブーツせどりは商品がとにかく多いです。
これはメリットでもありますが、初心者は無数の商品の中から何を基準にまず探したらいいのかわかりませんよね。

もちろん知識が深まれば深まるほど稼げるチャンスは増えていきますが、まずは初心者が抑えるべきポイントをまとめてみました。
・スニーカーはNIKE一択
・ほかのブランドはコラボや珍品を狙う
・状態のいいものを探す
・ブーツはドメブラ系を狙う

ここに書いてあるのは初歩の初歩です。
慣れてくればここのセオリーは無視してもらっても構いません。

あくまで初心者が稼ぎやすいポイントです。
では早速一つずつ見ていきましょう。

・スニーカーはNIKE一択
Adidas、PUMA、VANS、コンバースと様々なスニーカーブランドがある中でなぜNIKE一択に絞るのか。
それはNIKEは「定価が高く、コレクション性が高い」という理由です。

コンバースなどもコレクターがいますが、そこまで多くありませんし、元々の価格も低めです。
安く仕入れてきても利益率はそれほど高くありません。

NIKEは集めている方が非常に多く、また、定価も2万3万といったものが多く、安く仕入れることで差益を狙いやすいです。

エアジョーダンやエアマックスなどは特にコレクション性が高く、10年以上経った加水分解(後述)手前のスニーカーでも高額になることがあります。

新品なら限定品やコラボ品を狙って購入し、しばらく寝かせておくのがいいでしょう。
必ず値が上がります。
少なくとも大幅に値下がりすることは考えられません。

限定品でニュースになったといえばシュプリームとのコラボです。
発売直後にものすごいプレミア価格になりました。

新品で稼ぐならこういったコラボや限定のニュースにアンテナを張っておくことです。

中古の場合はエアジョーダンやエアマックスの程度のいいものを狙います。
この2つは以下のような特徴があります。

〇限定含め商品数が非常に多い
〇人気が高い
〇定価がもともと高い
〇店頭の販売価格はまちまち

このようにせどりにもってこいの商品です。

商品数が膨大にあるので、店舗によっては在庫スペース確保のためにかなり値下げして販売している場合があります。

こちらは4800円で仕入れたエアジョーダンのエグゼクティブというタイプです。
程度も新品に近かったので10000円で売れました。

こちらはNIKEエアジョーダン9のレトロ。
5800円仕入れの13000円販売です。
利益率55%という高利益です。

スニーカーは人気があるので仕入れ値と販売相場があまり離れていないので利益率は低めですが、頑張って探せばこのような高利益の商品もあります。

・ほかのブランドはコラボや珍品を狙う
今回はNIKEだけに絞りましたが、誤解しないでほしいのはAdidasやプーマがだめといっているわけではありません。

ただ、NIKEに比べて商品の価格は抑えられているのでかなり商品に詳しくないと利益を取るのは難しいと思います。

そんなNIKE以外のブランドで利益を取るならコラボ商品や珍品を狙いましょう。

一般的に人気がないものは安く販売されています。
しかし世の中という単位で見た時に、人気がなくても必ず欲しがる人はいます。

これを証明するのが下記の商品です。

見てください。
サンダルなのかスニーカーなのかブーツなのかわからないこの形状。
これはプーマとイギリスのファッションブランド、アレキサンダーマックイーンのコラボです。

たぶんみなさんの身の回りのほとんどの人が高い金額を出してまで欲しがらないでしょう。
ですがネットで日本中の人に向けて販売した場合、驚くほどの人気商品なんです。

このときは仕入れ値が5800円で販売価格が13000円でした。

このように、コラボ品とか珍品は一部のマニアが非常に高値で買う可能性があります。

NIKE以外のブランドを仕入れてもいいですが、知識のない最初のうちはコラボや珍品に限って仕入れたほうが失敗は少ないです。

・ブーツはドメブラ系を狙う
ブーツはせどりのなかでちょっとおすすめしにくいジャンルです。
正直ブーツ仕入れるお金があったらスニーカーの仕入れに回すことをおすすめします。

一見、定価が高いのに仕入れ価格は比較的安値で売られていてせどりしやすそうなイメージですよね。
ですが、ブーツは以下のようなネガティブ要素があります。

〇需要は冬がほとんど
〇フィッティングを重要視するためネットで買うのは不安な人が多い
〇本革ブーツは新品を買って一から育てたい人がほとんど

ブーツは当然ほとんどの人が冬にしか履きません。
夏にはく人はバイカーとかごく一部でしょう。

売れる時期が限定されているうえに、高いブーツというのは買う人がそれぞれのこだわりを持っています。
安く中古のブーツを買うくらいなら定価で納得のできる新品を買って一から育てたい。
そんな方が多いのです。

特にレッドウィングやウエスコ、チペワ、ホワイツなどの本革ワークブーツ系はその傾向が強いといえます。
かなり安くしないと売れません。

ブーツせどりするなら珍しいコラボ品やファッション性の強いドメブラ系のブーツをおすすめします。
ドクターマーチンなどはコラボ品でも安く販売されていることがあります。
他にもヨウジヤマモトやラッドミュージシャンといったブランドのブーツはファンも多く、比較的安定して利益が出ます。

また、ブーツには「メンテナンス」という努力次第で値段を上げる手段があります。
その名の通り、本革のブーツは手入れをすることによって傷を隠したり、艶をアップさせたりして状態をよくすることができます。

方法自体は難しくないので興味のある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
慣れてしまえば傷だらけの難あり品を買ってきてメンテナンスして販売する、という方法も可能です。

仕入れの際、特に気を付けるポイント

スニーカーを仕入れる際は以下の点に注意しましょう。
〇傷や汚れの状態
〇古いものは加水分解
先述したようにNIKEはコレクション目的で購入する方も多いです。
そのため、状態には注意しましょう。

状態が良ければよいほど高値で売れますし、箱がついていればなおいいでしょう。
できれば汚れのある物の仕入れは避けたいところです。

古いスニーカーの場合は加水分解にも注意が必要です。
加水分解というのは空気中の水分がスニーカーに使われているウレタンゴムと結びついて劣化、分解させてしまう現象のことです。

スニーカーの接地面近くの接合部分やかかとなどがボロボロになっていきます。
これはスニーカーの宿命ともいえるもので、一度も履いていないスニーカーも長い年月が経つとこのような状態になります。

もし加水分解のある商品だった場合はきちんと記載するなどしましょう。
本当に貴重な昔のスニーカーはこの加水分解覚悟で仕入れないといけませんが、クレームになりやすいのでできれば避けるべきです。

ブーツに関しては、かかとのすり減りを見てください。
買う方もこの部分を一番気にします。

傷やひび割れはメンテで消せる可能性がありますので、極端にひどくなければそこまで気にしなくて大丈夫です。

 

おすすめの仕入れ先

スニーカーの仕入れ先は新品の場合は公式ストアや店舗で仕入れます。

値上がりが期待できそうなものや入手困難なものは多くの人が欲しがります。
店舗に並ぶ場合は行列も覚悟してください。

ネットで買うという手もあります。
ネットなら新品でも型落ちが安く売りに出されていたり、程度のいい中古が手に入ります。

掘り出し物や珍品、コラボ商品を探すなら実店舗です。
意外な売れ残りや掘り出し物に出会えるかもしれません。

ネットでは価格が高騰しているので、こういった珍しいものは安く買えません。

まとめ

いかがだったでしょうか。
スニーカーやブーツは生活必需品、つまり消耗品です。
そしてコレクションです。
ファッションアイテムでもあります。

今後も絶対に需要がなくなりません。
スニーカーやブーツの知識を仕入れておくと、この先ずっとせどりで安定的に利益が出せると思います。

・スニーカーはナイキのエアジョーダンやエアマックスを中心に仕入れる
・ほかのブランドはコラボや珍品を狙う
・ブーツはワークブーツ系ではなくファッション系を狙う

このポイントを守って、ぜひ楽しいスニーカー、ブーツせどりをやってみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事