はじめてAmazonに登録しようとすると
・大口出品
・小口出品
のどちらにするか、という選択で迷いますよね。

「小口は月額料金かからないからお得?」
「大口は月額料金がかかる代わりに大きなメリットはあるの?」
「結局どっちがいいの?」
と色々な疑問な出てくると思います。

結論から言うと本気でせどりをするなら大口出品がお勧めです。
とはいえ、いきなり月額4900円かかる大口出品にするのは不安もありますよね。

大口出品と小口出品では何が違うのでしょうか。
またなぜ大口出品がお勧めなのでしょうか。

本記事ではAmazonにおける大口出品と小口出品の違い、メリットデメリットなどをご紹介します。

小口出品のメリット・デメリット

まず小口出品の紹介です。

メリット

・月額料金がかからない
小口出品最大のメリットがこの月額料金がかからない点です。
この点に魅力を感じて
「とりあえず小口で」
と考えている出品者は多いでしょう。

大口だと出品しなくても出品しても月に4900円かかります。
そのためちょっとしか出品しない、という方はこちらを選びますよね。

確かに月に1~10個くらいしか出品しない、という方は小口のままでもいいでしょう。
ですがある程度せどりで稼ぐ場合、月に10個程度ということはありません。
小口出品がお得に感じる程度の出品数では月に数万円も稼げません。

小口出品のメリットは確かに月額料金がかからないことですが、逆に言えばそれしかメリットがありません。

デメリット

・成約手数料が1個につき100円かかる
・Amazonにすでに登録されている商品しか出品できない
・決済方法が限定される
・出品できるカテゴリーに制限がある

小口出品のデメリットですが、非常に痛いデメリットがいくつもあります。

・成約手数料が1個につき100円かかる
まず成約手数料。
販売1個につき100円かかります。
月49個以上売れた場合小口にしているメリットが完全になくなります。

せどりが順調にいくと逆に損する結果になります。

・Amazonにすでに登録されている商品しか出品できない
小口の場合、すでにAmazonに登録されている商品しか販売できません。
もし、お宝や継続的に稼げる商品が見つかったとしてもAmazonで登録されていなければ販売できません。
誰も扱っていないからこそ売れるのに、その商品を売ることができないというのは非常に大きな販売機会の喪失です。

・決済方法が限定される
小口出品の場合、購入者が選べる決済方法が
〇クレジットカード
〇アマゾンショッピングカード
〇Amazonギフト券
のみです。
ショッピングカードやギフト券で毎回買うような方は少ないので、ほぼクレジットカード限定の決済しかできないと考えていいでしょう。

Amazonでは、意外と代引きを利用する人も多いため、クレジットカードでしか決済できない場合、代引きを利用しているユーザーから商品を買ってもらえなくなってしまいます。

・出品できるカテゴリーに制限がある
これも非常に厳しいデメリットです。
小口出品の場合、すべてのカテゴリーで販売できません。
出品できないカテゴリーは以下の7つです。
〇時計
〇アパレル(服・シューズ・バッグ)
〇ジュエリー
〇ペット関連
〇ヘルス&ビューティー
〇コスメ
〇食品&飲料
これらの販売は一切できません。
(大口の場合は申請することによって販売が可能です)

どれもせどりにとって生命線ともいえるカテゴリーです。
お小遣い程度でやっている人も利益率が高く売れ筋のファッションなどに出品できないのは痛いでしょう。

特にコスメはリピートせどりで大きな利益が狙えるカテゴリーですので、コスメが出品できないのは非常に痛いです。

このように、小口出品はデメリットがたくさんあります。
唯一のメリットである月額料金がかからないという点も商品が50個以上売れてしまえばデメリットに変わります。
正直、家の不用品を1~5個処分したい、という人以外には全くお勧めできないサービスです。

大口出品のメリット・デメリット

大口出品は小口出品にないメリットがたくさんあります。

メリット

・オリジナル商品も出品可能
・様々な決済方法が選択できる
・独自のツールを使用可能(プライスターなど)
・ビジネスレポートが使用可能
・ショッピングカート機能
・一括登録ツールが使用できる
非常に大きいメリットが6つあります。
一つ一つ解説していきます。

・オリジナル商品も出品可能
小口出品でできなかったオリジナル商品の販売ができるようになります。
商品カテゴリー制限もありませんので、Amazonという巨大なプラットホームで法律や規約に引っかからないものならなんでも仕入れて販売することができます。

中国からOEMを仕入れて販売するという規模の大きいビジネスも可能です。

・様々な決済方法が選択できる
小口で利用可能だったクレジットカードやAmazonギフト券のほかに
〇代金引換
〇コンビニ決済
〇Edy払い
〇請求書払い(法人のみ)
という4つの支払い方法が追加されます。
特に代金引換とコンビニ払いは若い人中心に需要が多く、これが使えることによって販売チャンスは圧倒的に広がります。

・独自のツールを使用可能(プライスターなど)
Amazonでせどりを行うときにせどらーを強力にバックアップしてくれる「せどりツール」というものがあります。
自動価格改定や売り上げの自動計算などせどらーの労力を軽減する便利なツールが揃っています。
このツール、大口出品契約者しか使えません。
規模が大きくなってくるとこういったツールは非常に心強い存在ですので、これが使えないと売り上げを伸ばすことができません。

・ビジネスレポートが使用可能
大口出品者はビジネスレポートという分析ツールが使えるようになります。
毎月の売り上げや、商品に対するアクセス数といった、売るために必須の情報が視覚化されるようになります。
しかも非常に高性能です。

ビジネスを感覚でやっているといつまでたっても効率化されず、売り上げも伸びません。

ビジネスレポートで毎月の売り上げや商品管理をすることによって、より利益を上げられるようになります。

・ショッピングカート(カートボックス)機能獲得の権利
一定の条件はありますが、その条件を満たすとカートボックスという機能が獲得できます。
一言でいうと
「ものすごく買ってもらいやすくなる機能」
です。

商品のトップページに
「カートに入れる」
という表示がありますよね。
このとき、この「カートに入れる」という手順から自分の販売している商品を買ってもらえるようになる仕組みのことです。
もちろん優先順位があるので、すべての人が優先的に販売されるわけではありませんが、それでも小口出品の人よりは確実に販売される機会が増えます。

小口出品の場合、商品のトップページから直接商品を買ってもらうことができません。

少なくとも
・商品のトップページの「新品の出品」押す
・次に一覧で表示される出品者の中から購入者に選んでもらって購入してもらう
という手順を踏んでもらう必要があるのです。

でも、ほとんどの人がトップページから「カートに入れる」で購入しますよね?
「カートに入れる」から買ってもらえるようにならないと売るのは非常に厳しくなります。

なお、このカートボックス機能獲得の条件は公開されていませんが、
〇大口出品登録であること
〇FBA利用である事
は必須のようです。

つまり小口出品ではチャンスすらありません。

・一括登録ツールが使用できる
せどりというのは様々な商品をたくさん出品することがほとんどです。
そんな時に大量にある商品を1個1個出品していくと時間もかかるし何より大変です。

そんな時にAmazonのテンプレートをダウンロードし、excelファイルで商品を一括で入力してまとめて出品できる一括登録ツールが使えるようになります。

これも大量に商品を販売することが多いせどらーにとっては必須ツールです。

メルカリやヤフオク経験者は分かると思いますが、同じ商品を出品する場合いくらテンプレ使っても一つ一つ出品していくというのは非常につらい作業です。
このつらい作業を簡素化してくれるツールが利用できるようになるのはありがたいですね。

デメリット

・月額料金が4900円かかる
デメリットはこれだけです。
しかもほぼデメリットではありません。

たしかに出品してもしなくても4900円かかるというのは初めての人にはデメリットに映るかもしれません。
しかし先ほど挙げた様々なメリットが得られると考えれば販売力に圧倒的な差が出てきます。
また、せどりをやっていると50個の商品販売なんてあっという間です。

はっきり言ってデメリットになりません。
4900円をけちって何万もの利益を逃すことほど馬鹿らしいことはありません。

唯一デメリットになる人がいるとしたら
「毎月1~5個だけ特定のカテゴリーだけを扱う」
という人です。

本当にお小遣い稼ぎ程度の方に限定されるでしょう。

まとめ

比べてみた結果ですが、やはり大口出品にしない理由というのは見当たりません。
・販売制限がなくなる
・決済方法の選択肢が増える
・売るための便利なツールが使用可能
とせどらーにとってメリットがたくさんあります。

月額4900円かかるデメリットも、すぐに元が取れると思います。

「とりあえずお試しで登録してみたいから小口で」
という方も、最初の1カ月は月額料金が10円で利用できますから、ぜひ大口出品に登録してみてください。

おすすめの記事