忙しいサラリーマンの副業は時間との戦いです。

仕事から帰ってきて、一息ついてビールも飲みたいし、
でも将来のために、せどりもしなくちゃなぁ・・・

プライベートの時間は貴重ですよね。

そこで早い段階から自分でなくてもできる単純作業は外注化してしまいましょう!

早い段階から外注化しておいたほうがのちのち大きく稼げますし、
外注さんが育ってくれるのでおすすめです。

では、そんな外注化を行う方法を説明していきますね!

外注化と一口に言っても、どの作業を外注するか?
ここがまず大きなテーマになります。

僕がせどりにかかる時間を大きく占めていると感じている作業が
以下の2点になります。

 

それは、

・リサーチの外注化
・納品の外注化

この2つになります。

 

外注化をするための手順

 

1.自分で思考錯誤する
2.マニュアル化
3.クラウドソーシングに依頼

大事なのは、上記3つのポイントです。

それでは1つ1つ見ていきましょう。

1.自分で試行錯誤する

現在何もリサーチができていない。そんな場合は、まずご自分でリサーチし、
たとえ時間がかかってもよいので、仕入れ可能な商品を見つけてみてください。

ここがファーストステップになります。
というのも、人に教えるだけのスキルを自分が持っていないと
他人に教えるのって難しいんですね。

自分がある程度できるようになる。
そのうえで、それを体系化していく、そういうフェーズになります。

 

2.マニュアル化

ファーストステップの仕入れができるようになったら、それをマニュアル化しましょう。
外注さんにお渡しするための、マニュアル作成です。

だれが見てもわかるように、まったく判断をしなくてもできるようにするのがポイントです。
その点をおさえてマニュアルを仕上げましょう。

ここでポイントですが、知っている人が作ると自分本位になって案外大事なところを
端折ったりするんですね。

なので、せどりをまったく知らない初心者の方、身内の方でもよいですし
そのマニュアルを読んで実際に作業ができそうか試してみる、これを
するのがよいです。

 

3.クラウドソーシングに依頼

応募をするうえでは、応募者が集まりやすいように有名なサイトに
依頼をかけるようにしましょう。

僕のおすすめは大手の下記2社のサイトです。

クラウドワークス
https://crowdworks.jp/

ランサーズ
https://www.lancers.jp/

ここで重要なのが依頼文と金額設定です。

クラウドワークス、ランサーズのどちらでもよいのですが、「仕事を探す」という項目から
リサーチの外注化の場合であれば、「せどり リサーチ」というキーワードを入れ、
納品の外注化の場合であれば、「せどり 納品」などのキーワードで過去に
どのような依頼を他のせどらーがしているか調査して、それを参考に
するというやり方がおすすめです。

その後、何人か応募があった場合は面接を行いましょう。

私の経験上、また、コンサル生からの報告も同様なのですが、外注の方で男性は
すぐ辞めたり連絡がつかなくなったりするケースが多いです。

そのため、在宅で仕事を探している、専業主婦がおすすめです!

おすすめの記事