みなさんはモノレート、というサイトをご存知でしょうか。
Amazonでせどりをやっている方にはおなじみですが、このサイトはAmazon内の相場確認が簡単にできてしまうサイトです。

せどりをしていると仕入れの時に以下のような悩みが出てきます。
「なんとなく売れそうだけどどうなんだろう?」
「これって人気あるの?」
「ライバル多いかな?」

せどりで商品を仕入れてAmazonで売るには絶対的な「根拠」が必要です。
根拠のない商品を勘で仕入れるのは絶対にやってはいけません。

「絶対に売れるかどうかが知りたい!」
そんなときモノレートの出番です。

モノレートで商品名を打ち込むと
・商品ランキング
・価格推移
・実際売れているのかどうか
・いくらで売れているのか
といった情報を表示してくれます。

この情報をもとに今迷っている商品は仕入れていいのか悪いのか、という根拠をはっきりさせます。
こうしてしっかりと調べてから仕入れることによって売れ残りになってしまったり、利益が出ない商品を仕入れてしまったりといった事故を防ぐことができます。

Amazon転売を始めたい方はモノレートのマスターは必須科目です。

本記事ではこのモノレートの使い方を解説します。

 

モノレートの基本的な使い方

まずはモノレートを開いていましょう。

せどりを行ううえでブラウザは必ずChromeを使用してください。
表示が高速で、せどりに便利な拡張機能があるためです。
拡張機能については別記事で詳しく説明しますね。

 

 

 

モノレートのトップページに入ると一番上に商品名を入力する欄があります。
ここに相場を調べたい商品の名前を打ち込みます。

今回は終売になった特撮ヒーローの商品を打ち込んでみました。

 

モノレートの見方

 

 

ここでいろいろな画面が出てきます。
この時点で心が折れる初心者の方も多いと思いますが、安心してください。

難しいとこは飛ばして重要な部分だけを分かりやすく解説します。

この中で重要な情報は3種類ある折れ線グラフです。
まず真っ先にこの3つをみてください。
1番上の「価格推移表」
2番目の「出品者数推移表」
3番目の「ランキング」
の3つです。

今回この商品を中古5000円で見つけたと仮定してモノレートを見ていきましょう。

価格推移表

まずは価格推移表。
その期間、いくらくらいの価格で推移しているのかを表しています。
このグラフが上下しているものは価格が安定していないので、仕入れるのはちょっと危険かもしれません。
逆にグラフの価格が一定なら大体いつもその価格で売れているという目安になります。

このグラフを確認するとこの商品、新品なら20,000円以上、中古でも11,000円前後で売られているのがわかります。
つまり
「この5,000円の商品、安定して10,000円以上で売れているから仕入れよう!」
となるのです。

もちろん価格だけでなく下記で説明するランキンググラフと照らし合わせないといけませんが、価格推移グラフの使い方としてはこのように使います。

 

出品者数

2番目の出品者数ですが、これはその商品をどれくらいの人が出品しているかというグラフです。
あまりに出品者数が多いと供給過多になって商品が売れにくくなります。
3カ月で1個しか売れていない商品を3人が出していたら、単純計算で3つの商品が売れるのは約1年先になってしまいます。

下記で説明するランキンググラフが頻繁に上下している商品なら特に気にしなくてもいいのですが、マニアックな需要の商品を扱う際はこの出品者数にも注意しましょう。

 

ランキンググラフ

こちらはアマゾン内でその商品のランキングがどのくらい上がったのか下がったのかを表すグラフです。
簡単に言ってしまうと
・グラフが多くギザギザになっていたら頻繁に売買されている
・グラフの谷間の部分が売れたタイミング

見方がややこしいのですが、売れたらグラフは下に下がります。
そして売れない期間があるともとに戻ります。

つまり
「ギザギザが多ければ多いほどよく売れている」
というサインなのです。

ギザギザしていない商品はたとえ販売価格が高くても仕入れてはいけません。
需要がないので、在庫として売れ残る可能性があります。

このグラフと先ほどの価格推移表を照らし合わせると
「この5,000円の商品、10,000円以上で売れているし、3カ月の間に30個以上売れているのに出品者は少ないレアで貴重な商品だから仕入れよう」
という根拠が出来上がるのです。

このグラフだけでもかなり強力な根拠が出来上がります。
慣れてくると
「ランキンググラフは平坦で全然売れていないけど、出品者が1人もいないしマニアが探しているかも」
という考え方もできるようになります。

もちろんそのほかの情報と組み合わせることでさらに精度が上がります。
モノレートの使い方になれて来たらほかの部分の理解も進めてほしいのですが、まずはこの3つのグラフ部分だけ覚えておきましょう。

 

モノレートの応用

ここでは初級編の応用です。
先ほど3つのランキングを見ればOK、と書きましたが、
1つのグラフの中には3本線がありますよね。
「新品」
「中古」
「コレクター」
の3つです。

これはその名の通り、新品の推移と中古の推移を表しています。
自分が仕入れたいと思っている送品がどちらなのか確認して間違えないよう仕入れてください。

なお、「コレクター」というのは絶版品やサイン入りなどの特別商品を指します。
特にそういったジャンルを専門に扱わないのであればいったんは忘れてもらって大丈夫です。

あと、モノレートはデフォルトで3カ月グラフが表示されます。

3カ月グラフは基本的に万能で使いやすい期間なのでこのままでもある程度の商品に応用が利きます。
もちろん様々な期間で確認することでもっと多くの情報が判断できるようになりますが、初心者のかたはとりあえず3カ月グラフでも大丈夫です。

ですが、1点だけ気を付けてください。
それは「期間限定商品」。
・チョコレートなどの期間限定出品可能商品
・夏・冬にしか売れないような季節物
・クリスマスなどの一定の期間に爆発的に需要のあるもの
に関しては表示期間を年単位に変更して月ごとにギザギザがあるかどうか確認してください。
いくら人気のコートでも、5~8月の3カ月で見たら売れているわけがないですからね。
こういった商品は1年グラフに切り替えて確認してください。

でないと、せっかく半年後に高値で売れるお宝をスルーしてしまうことになりますよ。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。
今回、ごくごく簡単にモノレートについて説明させていただきました。

・価格推移グラフは一定の波形のものが安定していておすすめ
・出品者数グラフはランキングとのバランスに注意しよう
・ランキングのグラフはたくさんギザギザしているほど良い
とおぼえてください。
慣れてくればこのグラフの組み合わせだけでも数種類の情報を読み取ることができるようになりますよ。

モノレートは非常に優秀なツールです。
というより、Amazonせどりを行う上で使わない、という選択肢がありません。

是非マスターしてお宝を仕入れてください。

おすすめの記事